×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ママ友

メールアドレスを交換してみよう

この人とママ友になりたい!!と思ったら、
何か行動を起こさない限りはママ友にはなれません。

 

 

まずは挨拶から初めて、タイミングを見計らってメルアドを書いた紙を渡していましょう。

 

 

最近では赤外線受信機能を使って、メルアドを交換する人も増えてきました。

 

 

まだ距離感がある場合に、
メルアドを渡してしまうと、相手も引いてしまう場合があるので、
話の会話の流れで、アドレス交換をしてみましょう。

 

 

「あそこにこんな遊び場があるんだって」と言う会話になったら、

 

「今度一緒に行ってみない?」と言う話の流れになると、

 

必然的にメルアド交換になりますね。

 

 

メルアドの交換のタイミングは、敬語からタメ語になったくらいがお勧めです。

 

 

敬語からタメ語に変わったということは、距離感が縮まったということです。

 

 

電話番校の交換はまだこの段階ではやめておきましょう。

 

 

電話番号の交換を敬遠する人も中にはいます。

 

 

私がママ友が出来なくて悩んでいた時期は、
また赤外線送受信の機能がまだ普及してい無かった時期・・・

 

 

いつでもアドレスを渡せる様に、

 

小さな紙にアドレスを書いてかばんに入れておきました。

 

 

メルアドを交換するまでは緊張しますが、

 

意外にあっさりとアドレスを交換してくれる人が多いです。